大腸内視鏡広場
大腸の検査は必ず受けるようにしましょう

大腸の内視鏡検査とは

大腸の内視鏡検査はもっとも効果的な検査とされています。特に大腸ガンなどの疾患を見つけていくということであれば、この検査ほど正確なものは無いとされていますし、利用するということであればきちんと考慮して最適な方法を選択するということが求められていくことになります。実際に利用するという場合でも簡単に申し込みをしておくということが出来るようになっているということから、利用者はたくさんいますし、検査をするということは、現在の医療でとても重視されている部分でもあります。どのような病院を活用していくのかということは、とても大事ですが、なんといってもすぐに検査してくれるところに依頼するということがとても大事ですし、どのような栗肉やサービスが存在しているのかということを把握しておくということが求められていくことになります。



内視鏡を使った大腸検査



大腸内視鏡検査の一番大きな目的は、大腸がんを見つけることですが、大腸ポリープの有無や種類を特定する為にもしばしば行われます。またポリープの場合、検査時同時に切除を行う場合もあります。ポリープの早期発見と切除は大腸がんの予防につながります。大腸がん予防に効果的な内視鏡検査ですが、難点は検査前に下剤を使わなければならない事を含め、色々苦痛を感じやすい検査だと言う点です。しかしながら、最近では点滴で麻酔薬を入れながら施術を行うことで、個人差はあるものの、殆ど苦痛を感じることなく検査を受けることができるようになってきました。所要時間は、施術そのものは20~30分、麻酔をかけ始めてから覚めるまでの時間として10~30分を足しても、全部で30~60分でできます。勿論日帰りで検査でき、費用はだいたい7500円くらいです。日本人のがんによる死亡者の中で、臓器別のランキングで男性3位、女性では1位に大腸がんは位置づけられています。その大腸がんを、一日も早く発見し治療できるよう、または予防できるように、大腸内視鏡検査を活用すると良いでしょう。



内視鏡で行う大腸がん検査とは



日本では、大腸がんの患者数が年々増加傾向にあります。そのことからも、適切な日々の予防と定期的な検査が非常に大切だと言えるでしょう。大腸がんの検査は、内視鏡で行われます。もちろん、それ以外にも検査を行う方法はありますが、ポリープを見つけやすい方法は内視鏡です。しかし、内視鏡検査は、痛みや苦しみを伴うことが心配だという方も多いのではないでしょうか。確かにそれが原因で検査を躊躇している方も少なくないでしょう。しかし、最近では、ゆっくりと眠りに入り、目が覚めたころには検査が終わっているというように、必要最小限の鎮静剤を使用するクリニックもあります。検査のみであれば、多くの場合30分程度で終了しますので、それほど負担になることもありません。健康に少しでも不安がある方は是非この機会に、検査を受けてみてはいかがでしょうか。

他のクリニックよりも割安な特別料金でさまざまなサービスを提供し、満足いく診察内容を提供しているので是非お越しください。 無痛内視鏡検査のメリットは、苦しまずに検査が受けられ、もし病気があったとしても早期に発見出来る事です。 私たちのクリニックのサービス概要は胃や大腸の検査で、苦しさや痛さを感じずに検査を受けることができる検査を取り入れています。 大腸内視鏡の検査ならたまプラーザへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)