大腸の内視鏡のうんちく

大腸の内視鏡検査を行う事は癌等の病気にかかっていないかを判断するには有効な検査内容です。自覚症状が無くても定期的に検査をしていく事は自身の安全安心を知る事が出来ると言えます。発見が遅れてしまうと人工肛門などの処置を必要として、一生涯の病気と向き合う事になっていきます。通常の排泄・排便と違って一日に数回等の袋の交換を必要として行き、外出等をためらうような気分になってしまいます。自己で袋の交換を行えない時には家族への負担をかける事になってしまいます。また人工肛門の袋をつけている皮膚表面のビランや炎症による対応等も必要になってきます。人工肛門の方は排便のコントロールも必要になってきます。便秘をしてもいけないし、便がゆるすぎると皮膚の炎症を招く等の結果につながる為に管理・調節が難しいとも言われています。匂いも気になる部分の一つでもあります。

大腸の中を検査するのが内視鏡

私たち人間の排泄物の中に大便と言うのがありますが、その大便を検査して、異常が見られた場合に行う検査が大腸の内視鏡と言う検査です。この方法で、大凡大腸の中の異常の原因が分かり、早期に解決できると言われる画期的な検査と言う事です。腸の中に小型のカメラを挿入して腸の内部を映像化して検査すると言う訳です。そのカメラは人の肛門から挿入されます。細い管が肛門から挿入され、その先端には小型のカメラが付いている訳です。このカメラにて腸の内部がそのままモニターに映像化されて内部がそのまま観察できると言う事です。ゆっくりと観察できますから、腸の内部が今、どういう状態になっているかが一目瞭然で把握できると言う訳です。しかも、もし腸の中に異常が見られ、突起物や石のようなものが発見され、その場で処置出来るものであれば、除去する事も出来ます。つまりは癌を早期に発見できると言う訳です。

大腸の異常には内視鏡です。

多くの方々が年に一度は受診する健康診断で、便の検査を受け、結果的に異常と診断された際に要検査として、受ける検査が大腸の内視鏡と言う事になります。つまり腸の中を検査してもらうと言う訳です。小型のカメラで腸の中を観る訳です。いわゆるファイバースコープと言われる装置で腸の内部を観察します。ただ、これには、腸内部が空っぽの状態になっていないと腸の異常が観察できないために、大凡2日前くらいから食事法が変わってきます。より腸の中がクリアになるがための食事法と言う事になり、それを便の色で確認する事になります。便の色が薄い状態であれば、あるほどに検査には適した状態となる訳です。そして食事法も終了すると、今度は点滴のみでの栄養補給となり、身体を2時間弱休ませた上で腸を安定にした状態で内視鏡検査が始まると言う訳です。肛門から長く細い管が挿入される訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*