大腸を詳しく調べることができる内視鏡検査

大腸の検査は、まず検便などが行われ、そこで異常があった場合にはさらに詳しく検査をします。大腸の様子を詳しく調べるために用いられるのが内視鏡です。細い管の先にカメラがついていて、肛門から挿入して内部を詳しく調べます。この方法ならば、リアルタイムで腸の状態を診ることができます。しかし、腸内がきれいでないと、病変などがわかりにくくなります。そのため、前日から食事制限があったり、検査当日は絶食などの決まりがあるので、検査をする人はそれを正しく守るようにします。検査前には、下剤を服用して、腸に残っているものを全て体外に排出します。腸内がきれいになったところで、検査となります。内視鏡は時代が進むにつれ、進化し、より負担の少ない、機能の優れたものとなっています。気になる組織があった場合に、その場で染色をしたり、組織の一部を切り取ることもできるようになっています。

大腸で内視鏡検査は、スッキリしてから違和感です。

大腸の内視鏡検査を受ける際、完全予約制になっていることがあります。時間も一時間以上様子を見ないといけないと考えられます。最初にお腹をスッキリすることが出来る薬を飲むことが必要になります。完全に空の状態にならないことには、検査することが出来ないのでとても辛い時かもしれないです。そしてすべての工程が終了した時点で検査が開始されることがあります。確実に最初の瞬間は、激痛が走るかもしれないです。黒くて普通サイズの線が入ってきますし、少しずつ上に移動しながら異常が発見されないかを中心に見ていくことがあります。麻酔は掛かっていないので、自分で見ることが出来ますし、医師の話を聞くことが出来ています。検査が終了するまでは、違和感があるので、耐え続けるのが大変な状態になっていることかもしれないです。それでも異常がない時は嬉しい感じになります。

大腸の検査には内視鏡をお勧めします

大腸の内視鏡検査を受けたことがありますか。この検査のメリットは、なんといっても直接カメラを肛門へ挿入して検査を行うことができることです。基本的には胃カメラと同じ原理を使っていますが、大きな違いはもしポリープなどを発見した場合その場で摘出ができることです。摘出したポリープなどは、後で精密検査を行うことができます。直接内視鏡を挿入し観察することであらゆることを発見できます。注腸X線検査であれば、もし異常があると感じられる部分を発見してもそれが空気の泡であったり、便であったりする場合があります。つまり、注腸X線検査は異常があったとしても仮説のレベルでしかありません。大腸検査を行う場合は、必ず内視鏡による検査を行うことが重要だということが理解できるはずです。専用の器具なので、ほとんど痛みを感じることなくできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です