大腸癌予防にも内視鏡です。

実年層の中に、結構多いと言われる病状が大腸癌とも言われます。そして、この癌を早期解決してくれると言うのが内視鏡です。そのためにもし年に一度の健康診断で便に異常が検出された場合には、この検査を早期に行う事で、癌を早期に解決する事が出来ると言われます。身体を極々安定した状態にして、検査は私たちの身体の肛門から細長い管の先端に小型カメラを搭載したファイバースコープと言われる装置で腸の内部を観察して検査で捉えられた問題の部分を探し、処置してくれると言う訳です。小型カメラがその腸の内部の状態をモニターに映像化しますので良く内部が観察できると言う訳です。そしてその状態を医師は患者さんに事細かく教えてくれます。そしてもし仮に検査で指摘された部分があった場合には、医師からの提案や患者の返答で処置、または除去する事が出来ると言う訳です。

大腸がんの早期発見のために内視鏡の検査を

大腸がんは、がんで亡くなる原因のうち、男性女性ともに上位を占めているので、早期発見、早期治療の為にも、大腸の検診が重要性されているようですね。しかし、大腸の検査には、かなり辛いイメージがあるようで、出来れば避けたい、と思われるケースも多いのではないでしょうか。大腸内視鏡検査は、カメラを肛門から盲腸まで挿入し、カメラをゆっくり戻しながら検査するのですが、痛みは挿入時に生じる事が多く、ただ、鎮静剤や鎮静剤などの静脈麻酔は使用しないのが一般的なようですが、苦痛を感じるのが嫌だからといって検査を受けない、といったことは避けたいですよね。そんな時は、病院に、検査時に鎮静剤などの使用が可能かどうか聞いてみたり、お医者さんの技術や経験値により差があるので、色々と情報収集して、良い医師を選ぶことが大切かもしれませんね。

大腸、内視鏡検査の必要性。

大腸、内視鏡検査というものが近年注目されています。というのも健康への意識の高まりがあり受ける人が多くなったことも背景にあります。大腸のがんは増加しているといわれていますし、このがんというものは、ある程度進行してしまうまで自分に症状が感じられないというやっかいな一面を持っています。その一方、早い段階で発見できれば内視鏡をつかった治療ができると同時に完治するといわれています。このように何らかの症状がある場合、やり過ごすことなく検査してもらうことがよいといえます。内視鏡検査はやはり苦しいものというイメージがあるかもしれません。しかし経験が豊富であり技術の高い医師が多いことから、その心配はほとんどありません。だれでも初めてであれば緊張します。そういった場合には鎮静剤を使用してもらえるところもあり、安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*